FC2ブログ

市川市のリフォーム会社エムエスホーム社長ブログ 

市川市の耐震リフォームならエムエスホーム

ひとり言1809

こんにちは。エムエスホームの佐原です。
いつもお世話になります。

猛暑のお盆も終わり、今月、9月にはお彼岸の時期を迎えます。
今年のお中日は、9月23日ですので、彼岸の入りは9月20日となります。

「彼岸」とは、元々仏教用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)」を離れて修行を積むことで煩悩を脱し、悟りの境地に到達する」という意味を持つとのことで、「お彼岸のお墓参り」は日本では恒例の行事となっております。

これは、仏教徒が多いアジアの国々と比べても日本だけの独特の風習で、お彼岸のお中日である春分の日の意味は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、そして、秋分の日は「祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ」という意味を持つそうです。

昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が「お墓参り」に繋がってきたのかも知れません。仏教においては、お彼岸の時期に、西に沈む夕陽の向こう側にある此岸・浄土の先祖を偲び、夕陽を拝み供養する仏事です。

この時期になると思い出すのが彼岸花。毎年、自らの出番を忘れずにしっかりと咲き誇り役目を果たす姿にいつも感心させられます。

昔は、田んぼのあぜ道などでもよく見かけられたものです。
皆様の周辺でも、まだ見られますでしょうか?

市川市の雨漏り無料相談市川市の外装リフォーム市川市の屋根リフォームのことなら、お気軽にエムエスホームへご相談ください。



スポンサーサイト



ひとり言1808

こんにちは。エムエスホームの佐原です。いつもお世話なります。

このたび、7月の豪雨により多大な被害を被られた皆様に、心からのお悔みと一日も早い復興を心よりお祈り致します。テレビ・新聞等の報道で、被災された方々のお話を聞いていると、「この地でこんなことが起きたのは、生まれて初めて」ということを耳にします。

しかし、これは、今回に限ったことではなく、長い歴史の中のほんの一瞬の出来事であるということが判ります。長く人生を送られてこられた方でも約100年。

わずか数十年の間、なに事も起こらなかったといって、自然災害に対して決して油断していてはいけないということを改めて感じました。

今回のニュースで驚いたことは、「避難指示」が出ているのに、避難行動を起こした人が少なかったという点です。もし、自らがその立場だったとしても「今まで何もなかったからここは大丈夫」という考えが強ければ、避難しなかったかもしれません。

最近は、日本の各地で地震が発生していて、何ともいえない不気味さを感じます。

今住んでいる場所で、最悪のことが起こった場合、万一の時はこの様に行動しようということを想定しておくだけでも、いざという時の結果は全く違ってくるかもしれません。

このたびの災害により、あらためて日頃の住まいの手入れや防災の準備の大切さを痛感させられました。

市川市の雨漏り無料相談市川市の外装リフォーム市川市の屋根リフォームのことなら、お気軽にエムエスホームへご相談ください。