FC2ブログ

市川市のリフォーム会社エムエスホーム社長ブログ 

市川市の耐震リフォームならエムエスホーム

ひとり言1211

こんにちは。エムエスホームの佐原です。いつもお世話になります。

毎年11月1日、自宅近くにある、日蓮宗の大本山「中山法華経寺」で大荒行入行会が執り行なわれます。今年も厳しい冬を前にして、入行会の様子を見学に行ってまいりました。

この苦行は、一年の中で最も極寒の、11月1日から翌年2月10日迄の100日間を荒行堂にこもり、朝は午前3時前に起床し午後11時までの間、一日7回の水行と読経に明け暮れる日々を送ることになります。

そして、毎日睡眠は3時間弱で、一汁一菜の粗末な食事、衣は白木綿単衣一枚と麻の如法衣だけ、足袋は許されず、飢えと寒さと睡眠不足に耐え抜く文字通りの荒行です。

今年入行した修行僧は151名で、きれいに剃髪し、清浄衣姿の入行僧は緊張した面持ちで整列し、全身から経文がほとばしるような大音声が法華経寺祖師堂に響き渡りました。
境内には多くの関係者や檀家信徒が見送りに訪れ、そして、午前9時、大荒行堂の扉が勢いよく開くと、世間との繋がりを絶ち修行の世界に身をゆだねる決意と緊張に満ちた入行僧は、多くの寺族・檀信徒に見送られ入堂致しました。

そして、来年2月10日の早春、修行僧の方々全員が満行され元気に荒行堂から出てこられることを祈願致します。
 
市川で外装リフォームのことなら、お気軽にエムエスホームへご相談ください。
スポンサーサイト

FC2Ad