FC2ブログ

市川市のリフォーム会社エムエスホーム社長ブログ 

市川市の耐震リフォームならエムエスホーム

ひとり言1204

昨年3月11日に発生した東日本大震災では、多くの方々の尊い命と住み慣れたお住まいを瞬時に失なわれ、早や一年が過ぎました。

思えば、この国は戦後、経済的な豊かさを求めて世界有数の大国に成長しましたが、今や、物質的豊かさの次に目指す目標を見失い、将来への大きな不安を抱えております。

そして、この国は、物質的・経済的豊かさの次に何を目指し、どんな社会を目指すべきか。こうした問題を、国や地域、それぞれの立場で考えていく契機となったのが、3・11の大震災でもありました。

いま変わることができなければ、これからの日本はどうなるのか。そんな危機感を感じている今日この頃です。

また、人口減少・高齢化が進むなかで、国の力・財政が衰退していけば、介護や医療等、国が地域を支えることも困難となり、国のサービスの限界を、地域社会で補わなければならない時代が目前に迫っています。

こうした新しい社会のあり方、新しい生き方を考える時、住まいや街も変わっていく。変えていく必要があります。どう変えていくのか。

それは、「物の豊かさ」から、「心の豊かさ」にあるように思われ、自らが日々生活する地域コミュニティのなかで共に「助け合って生きる」ことを求められる時代を迎えたのではないかと感じられます。

外装リフォームのことなら、お気軽にエムエスホームへご相談ください。
スポンサーサイト