FC2ブログ

市川市のリフォーム会社エムエスホーム社長ブログ 

市川市の耐震リフォームならエムエスホーム

ひとり言1112

こんにちは。エムエスホームの佐原です。

今年は、3月11日の東北太平洋沖地震の発生と、東京電力福島第一原発における世界最大規模の原子力事故が続発し、多くの方々の尊い生命と住み慣れた家を一瞬のうちに失い、今現在も、被災者の方々は、将来への具体的な復興の目途さえも立てられない状況にあり、日々ご不自由な生活を続けておられることと心が痛みます。

このたびの大災害を振り返ってみますと、地震と津波によってもたらされた災害は、科学が進歩した現在でも、なかなか予知も困難な「天災」であったと言わざるを得ません。しかし、今回の、福島第一原発の大事故は、原子力発電所への送電線の鉄塔が地震により倒壊し、発電所外部からの電源を失い、原子炉の冷却ポンプが十分起動せずに原子炉の炉内が高温にさらされ、発生した水素ガスによる爆発を避けるために、ガスを外部に放出し放射性物質が大気中に拡散したことが原因であったと言われております。

そして、その後の調査の結果、地震による津波は、倒壊した送電線の鉄塔の位置までは到達していなかったとのことで、福島第一原発の大事故は避けられない「天災」ではなく「人災」そのものであったのではないかと思われます。

市川市のリフォームはエムエスホームにお任せください!
スポンサーサイト

FC2Ad