FC2ブログ

市川市のリフォーム会社エムエスホーム社長ブログ 

市川市の耐震リフォームならエムエスホーム

ひとり言1002

こんにちは。エムエスホームの佐原です。まだ寒い日が続いておりますが、
そろそろ市川市内のあちらこちらでも白い梅の花も開花し始めました。
先日、テレビ番組のCMを見ておりましたら、「男はつらいよ」の山田洋次監督の新作映画、「おとうと」が1月31日に封切られることを知りました。そして、久しぶりに市川ニッケコルトンプラザ内にある、東宝シネマに足を運び鑑賞してきました。この映画のあらすじは、夫に先立たれて慎ましやかに薬局を営む姉の吉永小百合と、借金を抱え住まいを転々としながら売れない大衆演劇の役者の弟、松福亭鶴瓶の二人の生き方を対比した内容で、やさしい姉が風来坊の弟に寄せる「兄弟の絆」を描いた心温まる作品でした。特に印象に残る点は、山田洋次監督がこの作品で訴えたかった思いが非常に良く表現されていた点でした。それは、時代や世代の移り変わりとともに、人と人との繋がりや家族・親族とのかかわり方が次第に希薄となり、「人との絆」が失われていくことを懸念しつつ、これからの新しい時代に向けて、「人や家族への優しさや思いやりを大事にしていく世の中になって欲しい」、とのメッセージが込められた作品であった様に感じ取れました。
スポンサーサイト

FC2Ad